ひろくんの映画ブログ

映画好きの大学生。映画は2時間座っているだけで人生が変わるかもしれない。それが映画の魅力だと思っています。 「映画のこれなら誰にも負けない」ところをみつけるためにブログをはじめました。 基本、映画レビューですがたまにブックレビューや雑談が入ります。

スポンサーリンク

【映画】ディズニーにケッセルランを12パーセクで飛ばせる人はいない。『ハンソロ 』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

※このレビューはネタバレを含みます。

f:id:hiro12242377:20180801171625j:image

自分の感じたことをそのまんま書きましたので、『ハンソロ 』好きな方は気分を害されるかもしれませんのでご注意を。

 

 

1.はじめに

はぁ、、。
スターウォーズスピンオフって映画としてかなり危ないと思う事がありまして、

そもそも何で『ローグワン』『ハンソロ 』『ボバフェット』の企画があがるのか?

本編を見てるファンの支持があり、見てみたいからですよね。


全くみんなが興味ないような作品だったら作られるわけないですよね?


もちろんスピンオフ小説ならば何でも作品にできますよ、それでも映画化に向いてる作品、厳しい作品ってあるじゃないですか。

 

噂だと『モスアイズリー』という実写化作品を企画してたが頓挫したそうです。
まぁ何となく理由はわかりますよね。笑

 

てことはですよ、
スピンオフ映画を作るにあたってファン達が具体的にどのような映画を見たいのか忖度する必要があるんですよ。

 

今回の『ハンソロ 』だったら少なくとも、
・チューバッカとの出会い
・ランドとの出会い
・ファルコンを賭けたサバック
・ケッセルラン
は必要だったと思います。
(ダイスとか言い出すとキリがなくなるので割愛させて頂きます。)

 

つまりこれら全部をつなぎ合わせて2時間の映画を作らなきゃならいんですよ!!!

 

だから『ハンソロ 』はどんな映画だったかいうと、上記の要素を繋いだだけでずいぶんあっさりした映画になっていたと思いました。

 

2.テンポの悪さ

強盗団に身を置いてたハンが最初に描かれますがマスト条件として「ランドとファルコンに出会う」をしなきゃいけないから、
強盗団の仲間たちがバトンをランド達に渡すかのように急にバンバン死んでいくんですよ。笑

 

はぁ!?!?

 

いや映画的には出会ってそんな時間経ってないし、一緒にキャンプファイアーしてる場面ちょっと入れてもこっちは感情移入できない。

 

え、どういう気持ちになればいいの?


なんかみんなかっこよく死んでるけど、全然盛り上がらない!!笑

列車強盗ってのは西部劇らしくて、もっと面白くできるのに。。。

でもそのあとのクリムゾンドーンの船で流れてた音楽はかっこよかった、、。
ってあの船なんかすぐに破壊されるだろ!笑
護衛艦は??笑


しかも強盗団のメンバーが死んだことでランドやL3が加わるってのはわかる。
まぁ『ローグワン』もそうだけどちょっとドロイド人間的すぎね?ってのは少し感じました。
3PO以上に人間味があるとそれはもうドロイドと言えるのかな。。


そんで酷いのがL3の死に方。
あんなバカすぎる死に方はダメしょ。
その割には真剣に悲しむから、相変わらず盛り上がらない。
予想ですが「実はファルコンのナビゲーションシステムはL3のコンピュータが埋め込まれていた!」ってのがやりたかったから何とか殺したんですよね。。。。
それってどうなの?


そしてそもそもコアキシウムってなに?
えーと、ケッセルってスパイス鉱山じゃないの?
ここは2回見ても腑に落ちない。


まぁこの全体的に盛り上がらない空気が続く中、せめて最後くらいは盛り上がってほしいのに裏切り合いの連続がくどくて全く盛り上がらない。
「ちゃんとハンは先に撃ったよ」
みたいなノルマ達成してるからって盛り上がるわけじゃないだろ。。

 

3.監督交代劇

ケッセルのシークエンスは急に下ネタが連発するのは、間違いなくフィルロード、クリストフミラー監督の名残ですかね?

この映画のダメな所はそこなんですよ!

なんにもチャレンジしてないからなんですよ。


フィルロード、クリストフミラーって『21ジャンプストリート』ですよ?笑
あんだけチンコばっかネタにしてた監督ですよ?

f:id:hiro12242377:20180801215130p:plain


その2人に任せた事でスターウォーズに新しい風を吹かせたかったのに、ディズニー側が「創造性の違いがあるから監督交代」、、、。


え、
うん?


当たり前だろ!!!!


ディズニースタッフは『21ジャンプストリート』見たことないの?


最初からそれが狙いじゃなかったの??


そしたら残り3週間で巨匠ロンハワードが映画1本分の予算を要求し、脚本を書き換えて8割を撮り直すという、


スターウォーズを3週間で撮ろうとするな!


『ローグワン』の時もそうだけど、
あれスカリフに行くまでのテンポは悪いのに、監督交代したスカリフでは急にテンポよくなりました。


今作はその逆でロンハワードが3週間で「もっとスターウォーズぽいやつにしてよ」って注文に応えるために、とにかくファンが観たら喜ぶ場面を撮って繋いでなんとか1本の映画にしてるんですよ!
まぁそれはすごいと思うし、さすがロンハワードだけど3週間って時間が短すぎる。。


もっと時間があれば盛り上がるように演出できたり、色んなカットを撮ったりできたんだろうな。。。
テンポは悪くても盛り上がればなんとかなることを、『最後のジェダイ』のフィンとローズが処刑されそう!ライトセーバーがちぎれそう!紫の女将軍が特攻!?ってのをカットをコロコロ変えてケレン味たっっっっぷりに見せてくれた所で、これまでのテンポの悪さが吹き飛んで、証明できてたじゃん。

 

4.さいごに

今後のスターウォーズって、
「とにかくオリジナル三部作に徹したい」のか「新しい作風にトライしたい」のか。
間違いなく前者ですよね。
そうなるとスピンオフって最初に述べたようにみんなが見たいところを数珠繋ぎにするから結局テンポが悪くなってしまうから危険しか感じない。


今のスターウォーズに必要なのは大勢の凡人がケッセルを通常ルートで進んで行くのに対して、勇気を持って堂々とモー星団を突っ切って12パーセクで飛んで行けるような監督なのではないのか。


ジョージルーカスはそれをする勇気のあるハンソロのような男だったがやめされられ、フィルロードやクリストフミラーもクビにされた。


ケッセルを通常ルートの20パーセクで行くような監督の映画はもう結構です。

 

 

長文で、内容が不愉快ならごめんなさい。

スターウォーズは大好きですがこれだけは許せませんでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

普段はレジェンズ作品のレビューをやっています。

よろしければそちらもよろしくお願いします。

hiro12242377.hatenablog.com

 

<インフィード>